保健師のお役立ち情報

ゲーム障害

ここでは、WHOで新たに認定された「ゲーム障害」について紹介します。

<精神疾患として認定>

世界保健機関(WHO)は、オンラインゲームやテレビゲームに没頭し
生活や健康に支障をきたす状態を「ゲーム障害」(ゲーム依存症)という
精神疾患として「改訂版国際疾病分類(ICD-11)」で位置付けることを公表しました。

ICDは28年ぶりの改定となり、ゲーム障害が国際的に疾病として認定されたことにより
適切な対策が求められることが懸念されます。

<診断の基準と症状>

WHOは、ゲーム障害の主な特徴として以下を挙げています。

①ゲームをする頻度や時間のコントロールができない

②日常生活でゲームを最優先する

③悪影響が出ているにもかかわらず、ゲームを続けたり、エスカレートする

こうした行動が少なくとも12か月以上続く場合に、ゲーム障害と診断される可能性があるとしています。
ゲーム障害が引き起こす症状として、睡眠不足、目の障害、腰痛、手首の腱鞘炎、肥満などが挙げられます。
また、引きこもりの状態や家庭内の暴力などの問題が起き、うつ病や自殺のリスクも高まるとしています。

<死亡した事例も・・・>

ゲーム障害は、パソコンやスマートフォンの普及に伴い、インターネットやオンラインゲーム、SNSに
依存する人が急激に増加し、社会問題となっています。

韓国では、ネットカフェで86時間オンラインゲームを続けていたため「エコノミー症候群」となり
死亡した事件が起こりました。これをきっかけに、16歳御南の青少年に対し、オンラインゲームで
遊ぶ時間を制限する制度を導入しました。

<日本での取組み>

2012年の厚生労働省の調査によると、成人約421万人、中高生約52万人がオンラインゲームなどの
ネット依存の疑いがあると推計されています。

日本では現在、ネット依存やゲーム障害について相談できる医療機関は25ヶ所程度で専門医も非常に少ないのが現状です。
今後、医療機関や業界団体はゲーム障害の実態を把握し、治療法の改善や対応策を検討するとしています。