保健師のお役立ち情報

特定保健指導とは

特定保健指導は、2008年4月から開始された、メタボリックシンドロームに
焦点を当てた特定健診の結果により、実施される保健指導です。

<特定健康診査>

対象者
40歳~75歳の被保険者と被扶養者

基本的な健診項目
質問票(既往歴や服薬状況、生活状況など)
身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)
身体診察
血液検査(脂質、血糖、肝機能)
検尿

<特定保健指導対象者>

対象者は下記の基準によって判定され、医師の総合的な判断から保健指導か医療機関受療かが判断されます。
特定保健指導も、通常の保健指導と同様に「積極的支援」と「動機付け支援」とに分類されます。
保健指導については『保健師のお仕事 保健指導』もあわせてご参照ください。


特定保健指導3